かえたい らいふ

人生変えたいからブログを始めてみた

大学院に行くべきか

ずっと悩んでいることがある。

大学院に行くべきか。

 

私の家庭は片親で、祖父母の家に転がり込んで暮らしている。

母親は専門学校中退後、派遣社員として働いて結婚。その後専業主婦となったため、正社員歴がなく、今はパートとアルバイトの掛け持ちで私と妹の学費やその他出費を賄っている。

それ以外の食費や光熱費、税金は祖父母に払ってもらっている状態だ。

 

そんな中、私は一年の予備校生活の後、私大に進学。

学費は尋常じゃなく高い。

それを母親が払ってくれている。

申し訳なさでいっぱいだ。

 

両親が離婚する前から、我が家は裕福な家庭ではなかった。

父親は給料が安いといつも嘆いていた。

母親はボーナスが出ないと打ちひしがれていた。

そんな状況を見て育った私は、絶対に私はこうはなるまい。お金持ちになってみせると強く決意した。

 

そんな過去があった今、私は大学院に進学しようとしているのだ。

なんで、意味がわからない。

 

両親の離婚や転校を経て、私は心理学に興味を持った。

心理学の世界は私に優しい。人を幸福にする学問だと誰かが言っていた。

だから心理学を学ぶと決めた。

 

だけど、心理職は儲からない。

学ぶ人、目指す人は多いけれど、受け口は少ないのだ。

 

だから食って行くにはどうしたらいいか。

そう考えて出した結論が「臨床心理士」の資格を取ることだ。

 

資格がなければそもそも心理職で食って行くのは難しいと、

調べて行くうちに学んだ。

だがそのためには、大学院にいかなけれなならないのだった。

 

早く自立して生活費を稼ぎたい。

妹を養いたい。

祖父母の家から独立したい。

 

そう思っていたはずなのに、

私の進む道はむしろ早い自立の道から遠ざかっていくものだった。

 

どうしたらいいのか。

このまま進むべきなのか。

 

いやいや、そんなことをしている場合じゃないだろう。

早く自立しろよ、親たちの負担を減らせよ、もう子供じゃないんだから。

 

正論はこっちだろう。

私だってそう思う。

 

だけど、引っかかることは

もしこのまま進学せず、就職した時、

絶対いつか進学すればよかったと後悔する時が来そうなのだ。

 

そう考えると、進学をやめるという踏ん切りがつかなくなる。

だけど、絶対進学するとも言い切れない。

歯がゆい。

 

 

 

母親にこのことを話した。

 

「私たち家族のことを考えるのはすごく大事なことだ。ありがとう。でも、自分がこれから築いていく家族のことを第一に考えなさい」

 

もし私が進学せずに働いて、生活費を賄っていったならば、将来自分の子供はその姿を見て育つわけだから、子供もそのように育ってしまうのではないか。

それならば、私は進学して学を修め、その姿を子供に受け継いでいくべきだ。

 

という意見だった。

 

その通りだと思ってしまった。

母親は、私と妹を学歴のある人間に育てようとしてくれていた。

直接的に勉強しろとは言わないし、そのようなそぶりは一切見せない人だったが。

だけど母親は、自分が学歴がないこと、それによって苦労したことをすごく気にしていた。

そこは私も理解していた。

 

それならば、私はその母親の愛に甘えて進学して学を修めることが、親孝行につながるのではないかと思った。

 

だから私はやっぱり、進学しようと思う。

申し訳ないけれど、母親に甘えさせていただくことにする。

今まで頑張ってきたから、今甘えさせてもらってもバチは当たらないよね。

 

その母親の優しく温かな愛情を理解した上で、

精一杯学生身分を満喫させていただこう。

 

もちろん、今まで通り学費以外の出費は自分で賄っていく。

大学院に費用も貯めなければだし。

 

よし、甘えるぞ!

そう決めたら心がちょっと軽くなった。

 

 

 

何もかもがうまく行かない日

何もかもがうまく行かない日、ありますよね。

私は今日がそれでした。

いや、正確には昨日からかも。

気分が落ちているのが自分でもわかる。

発端は何だったんだろう。

恐らく先輩からの言葉だ。

授業後、私は友人と帰っていた。

途中で先輩と出会い、一緒に帰ることに。

そこではいつも通り、他愛もない話をしていた。

だが、途中で、なぜだかは分からないけれど女子力の類の話になった。

「〇〇(友人)は日焼けとか気にしてそうだもんな〜。たしかに。」

うんうん、私は聞いていた。

次の言葉は

「お前……気にしてるん?笑」

いやいや、は?

なんて?

すごく悲しかった。

私だっておしゃれに気を遣ってる。

すごく気を遣ってる。

なのに、それを全て無下にされるようなことを言われた。悲しかった。

私は元々ブスだし、素材が悪い。だから、せめて人並みにはなろうと必死に努力していた。

なのに、そのようなことを言われた。辛かった。

馬鹿にされた。辛い。

この先輩には以前にも

「あー、お前甘いもん好きそうな身体してるもんな笑」

と言われたことがあった。

本当にショックだった。

自分でもわかってる。太ってることは。

なのに、なのに何故そんな風に言われなくてはならないのか。

人から馬鹿にされなければならないのか。

本当にショックだ。

久しぶりに「心が傷ついた」という感覚を抱いた。

くそったれ。

上を見過ぎた、疲れた

 

もっともっともっと頑張らなきゃって

人間だから、まあ、そう思っちゃうんだけどさ。

 

もっと頑張らなきゃって思い過ぎちゃったかもしれないなって

 

大学生になって、バイトができるようになった。

自分でお金が稼げるようになった。

自分のことを自分のお金で賄えるようになった。

そしたら、もっともっと自分のことを自分で賄えるようになりたくなった。

それ以上に、お母さんや妹の面倒まで見てあげたくなった。

だから、もっと稼ぎたくなった。

でも、疲れた。どうしても疲れた。

だけど、稼がなきゃって思いに急かされてた。

 

そしたら、なんか、疲れちゃった。稼がなきゃなのに稼げない。

いや、そもそもそれ以上にやることあるじゃんって。

 

上を見たらきりがない。

必要最低限は賄えてるからいいよな。

許してほしい。

私、もうこれで大学生活は回していこうと思うのですが、良いですよね?

そろそろ現状維持の道を選んでも許されるよね。

現状維持、大事だよね?

向上心ばかりだと疲れるよ。

疲れたよ。

ごめん。

好きな歌詞抜粋集

好きで好きでたまんなくて

嘘をついた

香り付きのリップも

覚えたてメイクだって…

 

朝昼晩一日中君のこと

考えています

想像だってしちゃいます

会えない時間に負けない

可愛くなるから見つけてね?

 

(可愛くなりたい / HoneyWorks

 

 

愛してね♡“日本一”夢見てる

宜しければ合いの手一つ入れてやってくださいm(_ _)m(ハイ!)

手をあげて♡視線独り占めして!

宜しければ愛を恵んでくれませんか? |д゚)

なんてねっ!笑

ちょっぴりマジなの期待していいですか?(ハイ!)

 

(私、アイドル宣言 / CHICO with HoneyWorks

 

 

あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに

当たり前のようにそれらすべてが悲しいんだ

今痛いくらい幸せな思い出が

いつか来るお別れを育てて歩く

 

(アイネクライネ / 米津玄師)

 

 

聞きたい言葉も 言いたい想いも 笑うくらい山ほどあって

それでもあなたを前にすると 何も出ては来ないなんて

焦げ付く痛みも 差し込む痺れも 口をつぐんだ恋とわかって

あなたの心に 橋をかける大事な雷雨だと知ったんだ

 

(春雷 / 米津玄師)

 

 

辛いの頼めちゃう 君かっこいいね

「この店は僕が一番好きな店なんだ」

なんだ 好きなもの教えてくれるなんて きゅん♡としちゃう

 

(君とインドカレー / コレサワ)

 

 

 

 

最近のモヤモヤの訳

こんにちは

 

 

今日は雨ですね〜〜

雨嫌いです。

濡れるし、髪の毛まとまらなくなるし、憂鬱。

そのため今日はお家に引きこもります。

 

 

さて、今日のお話は。

ここ最近、個人的なことなのですが、

何だかいつでもモヤモヤイライラが止まりません。

 

 

なんだろう、この世の全てにうんざりな気分というか。

なんでみんな私の邪魔をするんだよ!って気分というか。

なんかすごいイライラするんですよね。

 

 

で、なんでだろうって考えてみました。

 

 

⓵やらなきゃいけないことが多い

⓶自己嫌悪

⓷精神的にゆとりがない

 

 

まず、⓵についてです。

箇条書きで書きます。

 

・アルバイト

・大学院費用の貯金

・妹の塾代

・大学院に向けての勉強

・バイトのマネージャー試験

・友人関係

・ダイエット

・自分磨き

 

 

次に⓶についてです。

これは、

やらなきゃいけないことができていない結果、自分が嫌になってしまうという

負のループに陥っていると言えるでしょう。

 

 

最後に⓷についてです。

まあ、そのままですね。

 

自分がやるべきこと

こんにちは

 

実は私、何日か前からインフルエンザにかかっておりまして。

久しぶりの高熱が何日も続いて非常に辛かったです。

今はすっかり良くなりました。安心安心。

この時期にもかかるんだ、インフル…って思いました。

いつでも健康には気を遣わねば。

 

 

さて、今日思ったことは

私はまだ、人にボランティアをする立場じゃないな

ということです。

 

 

私は将来、心理職に就き、かつて自分が体験したような、辛い状況にいる子供達を支援したいと考えています。

 

そのための良い社会勉強になればと、大学ではボランティアサークルに加入しました。

ですが、アルバイトと勉強で精一杯でサークルにはなかなか赴けず。

 

 

というか、無理でした。

そんなお金の余裕も時間の余裕も心の余裕も、今の私にはない!

 

 

なんというかボランティアって、

自分の心にゆとりのある人々が、経済的社会的に弱い立場にある方々に援助するっていう図式なのかなって感じました。

 

だけど、私自身もそうですし、我が家はまだ後者だなと。

ボランティアではないですが、援助を受けてなんとか生活が成り立っているので。

 

 

誰かの支えになる前に、まず自分が自分自身の脚で立たねばならない

 

 

と強く思いました。

 

 

今年の目標は

 

◎妹を高校に合格させる

◎大学院の費用を貯める

 

になりそうですね。

 

 

さて、これからも頑張ります!

それではでは。

 

 

 

なんていうか生きてるだけでお金がかかるから

 

こんにちは

 

 

久々に風邪をひきました。昨日から。

熱も高くて本当に辛かったのですが、バイトがあるからゆっくり休む訳にもいかず…

ポカリスエットをガブガブ飲んで汗かいて治すという…なんとも原始的な…

でもおかげで熱も下がってきたので一安心。よかったよかった

 

 

さて、今日話したいのはタイトル通りのことです

生きてるだけでお金がかかるなって。

生きてるだけで税金が取られる。

生きていくために食費がかかる。

光熱費だって水道代だって家賃だって。

病気になったら医療費がかかる。

洋服代だって日用品代だって通信費だって。

 

 

もう、びっくり。

こんなにお金かかるんだもん。生きてるだけなのに。

何も望まず、ただただ人として生きようとするだけでお金がかかる。

生きるって大変だなあ

 

 

そして、私思ったんです。

ただ生きるだけで精一杯なのに、

私、物欲出してる場合じゃないなと。

 

最低限度の生活を営むのでいっぱいいっぱいだよ、私。

なのにそれにプラスα。

いやいやいや、それは無理。

だって今私、病院に行くお金もないんですよ。

 

 

はーー、何やっとんねん私ゃ。

身の程を知りました、本当に。

 

 

もう私、生きるのに必要以上のことは望みません。

最低限度の生活を維持できるようになってからにします。

 

 

といった感じで、今日の記事は終わりにします。

ばいばい!